豊岡市(兵庫・但馬) めがね(眼鏡/メガネ)・アクセサリ・時計・薩摩ボタン・レコードジャケット時計・宝石・アパレルetc販売店(通販可)カドマメガネ

眼鏡用語解説

web_3.jpg 

眼鏡フレームの各部の名称と機能を分かりやすく伝えられれば良いのですが。

 

                 まずは、上の解説図のフレーム前面部を大きく部分わけして、                 

  

「フロント(前枠)」Front   と呼びます。 フロントは眼鏡の第一印象を決定付ける部分。

レンズ型などでバリエーションは豊富で、眼鏡の形の区別は要するにこのフロントのデザイン。

                                       

web1__edited-1.jpg

「 リム 」 Rim と言う部分です。

フロント(前枠)のレンズの部分を囲むフレームの名称。

日本語に要すれば縁(ふち)です。

 リムの内側には溝が掘ってあり レンズを はめて固定する役目があります。

 

リムが無いフレームや上部・下部のみにリムの付くフレームタイプ

(縁無し・ナイロール・アンダーリム等)などいろいろあります。

 

 

「ブリッジ」 Bridge 

左右のリムをつなげるパーツ(橋わたし)です。

眼鏡に衝撃が加わった場合に最も負担のかかる部分で、

その長さや太さなどでイメージを変える(彫金など装飾が施されたり)案外重要な部分です。

 

「パット」 Nose Pads / Tabs  

鼻を両脇からはさむようにして眼鏡をささえるパーツで、「鼻当て」とも呼ばれます。

重量をこの小さなパットでささえるので重要な部分です。

また、鼻に直接触れる部分で 汚れやすい為、交換することも出来ます。

フレームと一体型になっているモノもあります。 (セルフレームなど)

 

「クリングス」 Clings ・アーム(足) 

フロントパットをつなぐための部分で、

眼とレンズの距離を微調整したり出来るようになっています。

フィット感や見え具合に大きな役割をもつ部分です。

おもに金属フレームに多く付き セルフレームにはクリングスのないタイプが多いです。

 

web2__edited-1.jpgのサムネール画像「テンプル」 Temple  

眼鏡の側面の部品で、英語で「こめかみ」の意味。

耳の位置によって長さを調整したり、

毛細血管や抹消神経の多いこめかみ部分を

圧迫ないようにすることが大切です。

 

(幅などは専門店でフィッティングにより調整出来ます)

 

テンプル先端の耳あて部分にかぶせられる      

先セル(モダン)は耳に直接触れる部分で、       

耳に掛けるというよりは、顔の側面のカーブに沿った形で面で

ささえせるように肌に密着させます。

 

 また、耳の後ろで湾曲する形も考案され、         

このタイプ(ケーブルテンプル・縄手)の眼鏡を 「乗馬眼鏡」と 呼びました。

今でこそ眼鏡は耳に掛けるものと決まっていますが、歴史的にみるとこのテンプルは画期的な発明ですね。

 

「丁番」Hinge 蝶番  

テンプルを折りたたむ為のパーツ(ちょうつがい)です。

唯一の可動部分で、ネジを用いたスタンダードのタイプの他、バネ蝶番など種類は豊富です。

 

「智」() 、 ヨロイ  

フロント両端にある丁番との接続部分です。

レンズをフレームに固定するために、金属フレームの場合はネジで締めるようになっています。

また、テンプルを開閉する際に最も負担がかかる部分のため、各ブランドでさまざまな工夫が

                                                                                凝らされています。

 

眼鏡の玉型については ↓

 

眼鏡の玉型(ラウンド・ボストン型)

眼鏡の玉型(オーバル型) 

眼鏡の玉型 (フォックス型)

眼鏡の玉型 (ウエリントン型)

眼鏡の玉型(ティアドロップ型)

 眼鏡の玉型(スクエア型)

 眼鏡(レンズ)の取り扱いについて

 

分かりにくい事やご質問の際は当店へお問い合わせください!